« コスタリカへの旅の記録 | トップページ | アメリカ人と牛肉 »

2006/05/23

ベトタイレストラン

ベトタイレストランとはVietThai-Restaurantのことで、まさに文字通りベトナムとタイ料理のレストランです。 ベトナム料理の店と聞いて行ってみましたが、ベトナムとタイ料理の両方のメニューがあるようでした。けっこうこの辺では有名な店。 場所はここです。 週末のお昼に行ってみました。
vt5

 vt4

マルチカルチャー国家のカナダではエスニッ ク料理店は多いのですが、ちょっと初めてのところにいきなり入るのは勇気が必要で、 どうしても人づてに評判を聞いたところに行くことに。というか、あまり話題もないので、食べ物の話を聞くと、 どうしてもいってみようということになります。今回行ったこのベトタイレストランは、かなり本格的で味もよく、 日本人の口にも合う料理を出してくれました。ただし、メニューがよくわからず、ほとんどあてずっぽうの注文でしたが。食べている、 まわりはみんなアジア系の人たちで日本語は聞こえてきませんが、なんとなくほっとします。

vt3

これ、ソーセージと豚肉、春巻きみたいなのが野菜の上に載っているのかと思ったら、この下に太い春雨のようなヌードルが入っていて、 たれ(小皿)をかけて混ぜて食べる料理でした。ちょっと酢が入っていて女性向きか。でも味はグッド。

 vt2

これはチキンカレー。「ホットだけどでいいですか」、と聞かれたので、マイルドにしてもらいましたが、 この味ならホットでもいけたかもしれない。

 vt1

いわゆる焼きビーフンです。鶏肉をチャーシューみたいに甘辛にしたのがとてもおいしかった。でも二人では食べきれず、 これは大部分持って帰って夕食のおかずになりました。

以上で20ドル少々。また近いうちに行ってみようと思います。

(6月11日追記)
今回は粥とトムヤムビーフヌードルでした。
vt6
右の香草と生のもやしを自分で入れて食べます。
生のもやしどうかな?と思いましたがスープに入れて食べると食感もよく食べられます。


vt7
中華粥。ごま油がたらしてあっておいしかった。

vt8 
晩御飯用に持ち帰りでビーフ固焼きそばを頼みました。
麺がランチボックスの形に揚げてありました。

以上でチップ込み27ドル。

 

 

|

« コスタリカへの旅の記録 | トップページ | アメリカ人と牛肉 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベトタイレストラン:

« コスタリカへの旅の記録 | トップページ | アメリカ人と牛肉 »