« またまたナイアガラ | トップページ | Bronte Creek 州立公園の桜 »

2006/05/01

4月最後の日曜日の朝

ここトロントの西、ミシサガ市にもようやく春がやってきました。4月中に雪が降ることも珍しくはないので、雪かきのスコップと長靴を、 まだ玄関においてあったのですが、それも今日ついに床下の倉庫行きとなりました。 ミシサガからミルトンへ続くブリタニア通りの歩道脇にはタンポポが満開です。今朝、といってもお昼も近くなったころですが、 家内と散歩してきました。春が来たといってもまだ風は肌寒く感じるのですが、それでも何より春が来たことがうれしい。

このタンポポのじゅうたんもそう長くは続きません。せいぜい2週間ぐらいでしょうか。やがて木々がいっせいに緑で満開になり、 その後一気に夏到来です。ごくごく短いカナダの春を急いで堪能しなければなりません。

 bt1

このあたりの歩道は散歩やちょっとしたサイクリングができるトレッキングロードとなっています。

bt2

一斉に咲いたタンポポもあたりが暗くなるころには花を閉じます。

bt3

bt4

暖かくなると、こういう車に乗る人も多くなってきます。

 bt5 こんなこともやってみました。

|

« またまたナイアガラ | トップページ | Bronte Creek 州立公園の桜 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月最後の日曜日の朝:

« またまたナイアガラ | トップページ | Bronte Creek 州立公園の桜 »