« ネズミを捕ってきたネコ | トップページ | Beaches Jazz Festival »

2005/07/27

娘の運転

7月6日から、2週間近く仕事で日本に行っていた。15日の金曜日、今回最後の仕事を終えると、今は空き家になっている自宅の様子を見に。家の周りは近所の方のおかげで、これまで暮らしていた時よりも綺麗に!なっている。さすがに家の裏は草ぼうぼうで、土曜日は先ず草むしりから。引き続き家の中の掃除を。この日は30度を越す暑さで、熱中症寸前。とりあえず電気は来ているのでクーラー部屋を用意し、そこで休み休み掃除や2週間分たまった洗濯をこなす。家内がカナダに来てから2ヶ月ほど使用していなかったせいか、風呂釜が故障している。とりあえずお湯は出るのでシャワーは浴びることが出来たが、冬場に帰る時はどうしよう・・・
この日、近くに一人で住んでいる娘と夕食の約束をしていた。娘は今年の春、運転免許をとった。18歳になるとすぐ教習所に通い始め、働きながら半年近くかけて取った。車はこの春まで家内が使っていたワゴンRを「預かる」という名目で使用中。夕方6時過ぎに娘が車でやってくる。なんかずいぶん日に焼けていると思ったら、1度塗ったら1週間は持つという日焼け風クリームのようなものを使っているらしい。要するに「なんちゃって日焼け!」。ずいぶん元気そうな様子。どこへ食べに行こうかということになり、いろいろ考えるが決まらず、とりあえず国道246に出て走りながら考えようということになった。初めて娘の運転する車に乗ることに。はずかしいやらうれしいやら、しかしとりあえず運転はまあまあで少なくとも家内の運転よりは怖くない。ただねー、アクセルはもう少し優しく踏んでください。結局焼肉屋へ行くことに決まり、二人で焼肉を食べながらお互いに近況報告。娘は石盤浴というあったたまった石の上でサウナのように汗を流すのにはまっているそうで、最近よく通っているらしい。あとは月に1、2回年をごまかして友達と居酒屋に行くのが楽しみらしい。そういうことするな、といってもやるだろうから、特に咎めもせず、でも咎めたほうが良かったのだろうか、親としては。明日は小田原駅まで送ってくれるという。日曜日の朝、娘は家を出る1時間ほど前に来て、家の中をひとしきりあさって家内の残していった食器やら菓子やらを見つけて持っていった。小田原駅までは所々裏道を使って30分足らずで到着。「箱根ベーカリーのパンを買いたいけど止められないよね、すごくおいしいんだけどね」、ロータリーの周りは車でいっぱいでちょっと止められそうになく、Priorityの停車スペースで荷物を降ろしてそこで別れる。あ、目の前の駅の構内に箱根ベーカリーがあった。ちょっと買って渡してやればよかった、と後になって思う。娘の運転は、あまりよくは見ていなかったけど、妙に安心できる心地よい運転でした。でも、片手でハンドル操作するのはやめろ、と言っておくべきだったかな。

|

« ネズミを捕ってきたネコ | トップページ | Beaches Jazz Festival »

今日の一言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 娘の運転:

« ネズミを捕ってきたネコ | トップページ | Beaches Jazz Festival »