« 無線LAN | トップページ | 親の気持ち・子供の気持ち »

2005/03/19

やっぱり無線LANは混信していた

D-Linkant前回、自宅とご近所の無線LANについて考えて見たが、どうも時々アクセスが極端に悪くなることがある。それもちゃんとLANへ線でつながっているほうのパソコンは問題なく動く。調べるとやはり自分以外に2,3の無線ネットワークが検出できる。そのうちの1つの「default」がセキュリティーをかけてきている。向こうも他のネットワークの存在に気付いたらしい。LANカードの後ろのアンテナをいじくると、アクセスが良くなったりすっかりだめになったりする。チャンネルを変えても全く効果なし。やっぱり混信だ!無線の世界ならこっちはプロ同然、お手の物です。無線LAN用の外部アンテナはないかと探してみたところ、ありました、リピーターやら高利得アンテナなど、何でも売ってます。敵もこういうのを使っているのか!まずは公称6dBという指向性アンテナらしきもの、おそらくストリップラインでしょう、40ドルで購入。あれー、これまでがうそみたいに俄然トラフィックが良くなりました。もともと付いていたやつを見ると、なるほど、普通のスリーブアンテナでした。そんなわけで、住宅密集地の無線LANは混信に注意しましょう。写真は左が指向性アンテナ(マグネットでPCのケースにくっつく)、右がもともと付いていたアンテナです。(カバーをはずしたところ。右は単三電池です)


|

« 無線LAN | トップページ | 親の気持ち・子供の気持ち »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり無線LANは混信していた:

« 無線LAN | トップページ | 親の気持ち・子供の気持ち »